<?php the_title(); ?>

おおいたのせんぱい

2019年10月31日

大分バス株式会社

地域の人々の足として親しまれ、生活に欠かせない存在のバス。今回は80年に渡り公共交通機関を運営するバス会社さんで、人事を担当する先輩が登場! 就職活動中の学生さんとも触れ合う機会が多いという先輩に、企業の魅力はもちろん、就職活動のより良い方法などについても伺いました。

お邪魔したのは、こちら!!

  • 大分バス株式会社
  • 大分バス株式会社

    1937年に創業し、大分市・県南エリアを中心に路線バス・貸切バス事業を展開。「奉仕」「人間尊重」を理念に、80年以上に渡って大分県民に欠かせない公共交通機関としての役割を担っています。また広告代理事業や旅行事業、レンタカー事業なども行っています。

お話を伺ったのはこちらの方。

  • 大分バス株式会社
  • お名前
    宮脇 雅大
    所属部署
    総務部人事課
    入社年
    2016年
    出身地
    大分県佐伯市
    出身学部
    名桜大学 国際学群 語学教育専攻

人事課で採用を担当している宮脇雅大さんは、入社して4年目。佐伯市出身ということもあり、幼い頃から『大分バス』が身近な存在だったそうですが、大学入学までは自分がバス会社で働くとは全く想像していなかったのだとか。
「元々高校教師になりたくて。高校卒業後、沖縄の大学に進学し、語学教育を学んでいました」。
教師を目指して勉学に励む傍ら始めたのが、観光地のそばにあるコンビニエンスストアとリゾートホテルでのアルバイト。観光地である沖縄で働いたからこそ感じた感覚をきっかけに、宮脇さんは観光業界への就職を考えるようになりました。
「観光と切ってもきれない環境で働く中で、観光業の面白さ・楽しさを感じたんです。また、大学では地域柄、観光に関する講義が多く、自分が興味を持った「観光業」に携われないかな、と思い始めました。就職は地元でと考えていたので、大分の観光資源の魅力を発信する仕事につきたいと考えるようになりました」。
“地元の魅力を伝える仕事”を軸に、様々な企業を見てきた宮脇さんが選んだのは、馴染深いバス会社だったのです。
「弊社はバス事業はもちろん、旅行や広告、飲食部門など事業内容が多岐に渡っており、いろんな分野を経験することで自分の成長に繋がると思い、入社を決めました」。

大分バス株式会社

入社後は人事課に配属され、新卒や中途の採用業務全般を担当。1年目にして採用される側から採用する側の立場に変わりました。
「人事は学生の頃は一番近い存在でしたけど、どんな仕事をしているのかイメージが全然わかなかった」と戸惑うことも多かったと振り返る宮脇さんは、現在採用業務のほか、社員が気持ちよく働けるようバックアップするサポート業務も担当。また新入社員や学生と歳が近いということもあり、「学生の声を聞き若手社員の窓口になる」のも自分にしかできない役目だと感じ、率先して行動するようになったそう。「県内外の学生と3月〜来年の4月まで約1年間関わって行く中で、無事に学生たちが入社して、後輩としてちゃんと一人前に働いている姿を見たときは嬉しいですね」とやりがいを話してくれました。

大分バス株式会社

同世代の社員から社長クラスまで、部署や世代の垣根をこえてフランクに話ができると会社の雰囲気を教えてくれた宮脇さん。会社の野球部に所属し、休みの日は先輩・後輩たちと野球の練習をしたり、高校から続けているバンド活動を行ったり、ライブを見に行ったりとアクティブな日々を過ごしています。

大分バス株式会社

「バスに関係する部署で直接バスに関わって行きたいという思いもありますが、やはりいろんな部署を経験して将来的に会社を盛り上げて行きたいですね。実際に、人事課という部署にいながら添乗の資格を取得して、ツアーの添乗員をしたり、イベントの臨時バスを出す時にはお客様の整理、誘導、ご案内にあたる時もあります。部署関係なくいろんな仕事に携わってステップアップしていきたいですね」と今後の目標を語ってくれた宮脇さん。最後に人事担当として、『大分バス』の魅力をPRしてもらいました。
「弊社はバスのみならず、様々な事業を通して大分全体の発展に貢献していきたいという思いを持つ会社です。地域に密着して働きたい、地元に戻って働きたいという方にはあってる会社なのかなと思いますね」。

大分で就職した理由・大分で働く魅力について

最初は大分から離れたいという気持ちがあり、県外の大学に進学した宮脇さん。4年後に地元で就職を選んだのは、地元の心地よさに気づいたからなのだとか。
「都会ほど賑やかすぎず、ちょうど良くて住みやすい(笑)。県外に出てみると、地元の居心地の良さに気づいたんです。観光資源も多いし、地元に帰って自分の学んできたことを生かせないかなと。弊社は業種柄、自治体と組んで一緒に仕事をすることも多いんです。県が主催する様々なイベントもそうですし、“大分を盛り上げよう”という活動に関わっていける。大分に帰って、地元に貢献できる仕事をと考えていたのでやりがいがあって楽しいですね」。

大分バス株式会社

就職活動中の学生さんへアドバイス

「人事担当の僕が学生さんによく言っているのは、新卒で就職活動をするというのは1回きり! だから実際に会社説明会に行って見たり、採用担当の人と話してみたり、インターンをしたり。いろんな会社や業界を知ることが大事! ということ。僕は地元就職希望でしたけど、福岡とか東京とかの会社を見たり、沖縄の大学に通ってたので、沖縄の企業にインターンしてみるのも良い経験になっただろうなと後悔しています。だからこそ学生の皆さんには、いろんな企業を見て欲しい。志望業界ではなくても、たくさんの企業を見て先輩社会人の話を聞いてください。自分の視野が広がります!」

社長インタビューはこちら

企業データ

大分バス株式会社

〒870-0026
大分市金池町2丁目12番1号
TEL:097-534-6161(代表)

HP:https://www.oitabus.co.jp

WRITER

  • TAGARI
  • TAGARI
  • FacebookFacebook
  • LINEで送る

PageTop