<?php the_title(); ?>

おおいたのせんぱい

2019年08月09日

株式会社鳥繁産業

私たちの生活にとって「食」は欠かせないもの。そんな食品をより安全に、安心して届けてくれるための食の品質保持剤を手がけているのが、ここ「株式会社鳥繁産業」。昭和40年から続く長い歴史の中で、常にお客様の声に耳を傾け、地域に寄り添いながら商品開発を続けています。今日は、入社5年目を迎えたせんぱいにクローズアップ!大分を愛し、生まれ育ったこの街に貢献することが目標だという27歳の素顔に迫りました。

お邪魔したのは、こちら!!

  • 株式会社鳥繁産業
  • 株式会社鳥繁産業

    1965年(昭和40年)創業。「石灰乾燥剤」を袋詰めにしたことから始まった鳥繁産業。時代のニーズやお客様の要望に応えるべく、食品に欠かす事のできない乾燥剤(シリカゲル)、脱酸素剤(エバーフレッシュ)、保冷剤と数々の商品を開発。食の鮮度保持を通して人々の生活を豊かにする事を第一とし、社員全員で日々成長しながら、地域社会に貢献できる企業を目指しています。

お話を伺ったのはこちらの方。

  • 株式会社鳥繁産業
  • お名前
    牧 毅郎
    所属部署
    品質管理部 品質管理課
    入社年
    2015年
    出身地
    大分県大分市
    出身学部
    別府大学
    食物栄養科学部発酵食品学科

昔から、学科の中では生物が得意だったという牧さん。
高校時代は、とあるアニメの影響で始めたというテニスを頑張りながら、将来を考える日々。進むべき道を模索しましたが、好きな生物関係を活かせる食品関係を目指す事を決めたと言います。
「昔から食べる事が好きでしたし、人が生きていく上で食は一番大事なんじゃないかと考えました。」
牧さんの柔らかい見た目からは分かりにくいですが(笑)話していると、これだと思ったら突き進む一途さが垣間見えます。その一途さは大学時代のアルバイトにも通じていました。
「4年間、ずっと同じ蕎麦屋でバイトしていましたね。年配の方も多かったので、接客や言葉使いも勉強になりました。」
多くの学生が複数のアルバイトを経験するものですが、やっぱり一途(笑)好きな「食」に関する職種というのも外さず、若い頃からしっかりしています!

株式会社鳥繁産業

そんな大学時代は、毎日研究の日々。微生物を育てたり、日本酒やヨーグルトなどの発酵や醸造、食品の品質管理や環境保全まで幅広く学びました。(実は牧さんが着用している白衣は大学時代からのもの!) 就職を考え始めた頃も、一途な牧さんは迷わず食品関係を選択。
「大学で品質管理の勉強をしたので、そこにやりがいを持って働きたいと思いました。」
自分の進むべき道をしっかりと見据え、突き進む姿勢はさすがの一言!
そして初めて行った合同説明会で、今働く「鳥繁産業」に出会います。丁寧に説明してくれた社員さんの姿勢や、自分のやりたい仕事内容に大きく惹かれたと言います。

株式会社鳥繁産業

現在は、品質管理課で脱酸素剤などの原料の検査や、お客様からの相談に応じた調査報告書の作成まで幅広く活躍しています。大学の頃から学んできた事を、そのまま仕事にできているというパーフェクト男子の牧さん(笑)。
大分を出て働くつもりは全くなかったと就職活動当時を振り返ります。

株式会社鳥繁産業

社員旅行の様子

大分で就職した理由・大分で働く魅力について

「多分、県外に進学していたとしても就職は地元・大分に帰ってきていたと思います。大分には大切な家族や友人もしますし、人も優しい。大分を好きな理由を問われるとハッキリは言い表せませんが(笑)この環境そのものが、自分に安心感を与えてくれるんだと思いますね。とりあえず、大分が大好きなので地元に貢献したいという気持ちが今は大きいです!」

株式会社鳥繁産業

自分のやりたい道をしっかりと歩む牧さんには、もはや尊敬の念しかありませんm(__)m 地元を愛し、地元に生きる27歳の未来はきっと輝かしいはず。
そんな彼の夢は、素晴らしい先輩方をいつの日か超えること。素直で、何事も真面目に取り組む牧さんなら、絶対叶えられると思います!

就職活動中の学生さんへアドバイス

「学生時代から、大学の教授などに対して“報・連・相”をする習慣を身に付けておいた方がいいと思います。これは社会人になると大切なことなので、その準備だと思ってクセづけておくといいですね。あとはネットだけの情報に頼らず、自分の足で会社に出向く事。僕自身も何社か工場見学やインターンシップもしました。実際行ってみると色々と見えてくるし、自分の意思も深まると思います!
あとは、入社当時部長に言われたのですが、「入社したばかりの頃は、何を聞いても分からない事だらけだと思うけど、その疑問点がいつの日か線となり必ず役に立つ日がくるから。」というメッセージを今も大事にしています。 就活から入社まで、色々不安なことも多いと思いますが、やっている事に意味は必ずあると信じて頑張ってほしいと思っています。」

社長インタビューはこちら

企業データ

株式会社鳥繁産業

本社および工場
〒879-2461
大分県津久見市上青江4180番地
TEL:0972-82-8133

関東営業所
〒350-1123
埼玉県川越市脇田本町9-16YKビル5F
TEL:049-265-5110

関西営業所
〒606-8266
京都市左京区北白川久保田町5-2
TEL:075-781-2332

HP https://www.torishige.co.jp

WRITER

  • 塩月 なつみ
  • 塩月 なつみ
  • FacebookFacebook
  • LINEで送る

PageTop