<?php the_title(); ?>

おおいたではたらく

2018年03月16日

有限会社 東栄工業所

  • 有限会社 東栄工業所
  • 業種
    立体自動倉庫(ラック)を中心に、コンベア架台や鋼製パレットなど鋼構造物の工場製作から現地の据付工事など。

    「立体自動倉庫」を作る会社は日本でも数少ないと言われていますが、実は私たちの住む大分にもあることをご存知でしょうか?今年59年目を迎える「有限会社東栄工業所」では、その立体自動倉庫の製作から据付までを一貫して行なっています。例えば、私たちの生活に欠かせない食品や衣料品、その生産から保管管理までを行う倉庫の中にも、この立体自動倉庫が働いています。「人づくり」を大事にしながら、代々続く会社の舵を取り、日々現場で奮闘する若き三代目・代表にお話を聞いて参りました。

社長インタビュー

  • 有限会社 東栄工業所
  • 企業名
    有限会社 東栄工業所
    お名前
    児島靖正(こじま やすまさ)
    役職
    代表取締役社長

私たち「有限会社東栄工業所」は昭和34年創業、今年で59年目を迎えます。
創業当初は、建築鉄骨を手がける鉄工所でしたが昭和60年代に立体自動倉庫(ラック)と出会い、色々な仕事をして行く中でその比率が上がっていきました。皆さんの中には、立体自動倉庫とはなんだろうと思う方も多いかもしれません。言葉で説明すると、「コンピューターなどの自動制御により、商品を立体的に整理し保管する倉庫」となります。例えば、皆さんがネットショッピングする衣料品や食品、飲料水など、私たちの生活における多くの物はこの自動倉庫により管理されています。フォークリフトでは限られている高さの場所にも働き、自動で商品を入出庫できる他、最近では敷地の狭い都内を中心に納骨堂にも用いられています。立体自動倉庫はスペースの有効活用のみならず、人件費の削減や作業の効率化も実現しています。

有限会社 東栄工業所

この会社では、ものづくりの喜びを得られる「製造」、製造や据付に必要な原材料や資材を購入する「調達」、工場で製作したラックを現地で据え付ける「施工管理」、生産管理や現地工事の計画をコントロールする「生産管理」という部署があります。
製作から据付までを一貫して行うため、どの部署も欠かすことができませんが、現在の社員数は約20名。仕事内容から見れば少人数かもしれませんが、「安全は経営の礎である」と安全と健康を第一に、全員で力を合わせ頑張っています。

有限会社 東栄工業所

「私たちは、モノづくりを通じてヒトづくりをすすめます。私たちは、お客様の信用、信頼を獲得し続けるため、日々努力します。」これが、私たちの企業理念です。私たちが作っているものは無人化設備ですが、それを作っているのは「人」です。会社の仲間や取引先など、すべてにおけるコミュニケーションが「人づくり」に通じると私は考えています。今、ものづくりにおける主要メンバーが定年を迎えていく中で、まずは皆さんのような若者と出会い、共に働く仲間を増やしていきたいと考えています。2007年からは外国人研修生制度も取り入れ、タイ王国の技能実習生を受け入れています。国内外問わず若い力で足場を固め、ここ中津で、そして日本での業績を重ねていき、先はアジアで躍進できる企業を目指しています。

有限会社 東栄工業所

今、就職活動に励む皆さんからみると、私たちのような会社は工学部や理数系の得意な人が向いていると思うのではないでしょうか。もちろん、工学部で学んだ方は前知識があると思いますが、私たちの会社は学部は不問です。やる気を持ち挑むことで、色々な知識は自ずとついていきます。その為の資格取得制度や育成体制もあるので、安心して東栄工業所の扉を叩いて下さい。業種や学部だけで決めつけ、自分の可能性を狭めてはいけません。未来と自分は変えられます、是非私たちと一緒に東洋一の立体自動倉庫メーカーを目指しましょう。

社員インタビューはこちら

企業データ

有限会社 東栄工業所

〒879-0124
大分県中津市田尻崎7−5
0979-32-5591
HP http://www.toei-kogyosho.co.jp

WRITER

  • 塩月 なつみ
  • 塩月 なつみ
  • FacebookFacebook
  • LINEで送る

PageTop