<?php the_title(); ?>

ちょこっとおおいた

2018年09月14日

間違いなくハマる。ドローンの魅力。

最近よく耳や目にするドローン。

テレビやyoutubeでは、雄大な自然の風景や花火大会の映像。ニュースでは市場規模拡大や活用の可能性を耳にするドローン。

8月には『うみたまご』で、水中ドローンを使ってダイバー目線で楽しめるアトラクションが行われたり、佐伯市宇目町の山間部では、約10kgの荷物を運ぶ実証実験を行ったり。少し前までは遠い存在だったドローンが、最近では生活の中に溶け込み始めていますよね。

自分では簡単に体験できない映像を見せてくれたり、人に変わって農薬散布や宅配の仕事をしてくれたりと、ドローンが私たちの身近な存在になる可能性大!

大分にもドローンの会社が…!

ドローンは海外で作られているもの。と思い込んでいましたが、日本はもちろん大分にもドローンの製造・販売やスクールなど、ドローンに関する会社が10社以上あります。
「大分にあるなら!」と、ドローン利活用推進を手掛ける株式会社ORSOと業務提携を結んだ株式会社オーイーシーと、佐伯市宇目町で実証実験を行ったciRobotics株式会社(旧:ciDrone株式会社)の2社にお邪魔してきました。
近年は、ドローンに携わる仕事を希望する社員の方も多いのだとか。

はじめてのドローン。

ドローン関連ビジネス拡大中の株式会社オーイーシーでは、操縦体験をさせてもらいました! 私にとって初めてのドローンは、かわいいかわいい手のひらサイズの『DRONE STAR 01』。

ドローン

重さはわずか18g!コントローラーに納まるくらい小さいのに、スマホにアプリをインストールすれば、動画撮影はもちろん、ゲーム感覚で操縦の練習ができます! 有料アプリ『DRONE STAR プログラミング』では、プログラミング思考も学べちゃう教材として話題のドローンです。

ドローン

コントローラーがあるのでラジコンっぽくって、初めてのドローンも抵抗なく操縦できました。ラジコンよりずっと簡単!
そしてとにかく楽しい! しかも、9,800円! (購入はこちらから
思わず衝動買いしそうに…。ドローンって、もっとお高いものかと思ってました。

人の代わりに働くドローン。

クライアントの要望にあわせて開発・製造を行うciRobotics株式会社では、たくさんのドローンがカスタマイズされていました。モバイルクリエイト株式会社グループ会社でもあるciRobotics株式会社は、それぞれの得意な分野で協力しあうことで、より良い物作りを実現。レーザー測量の技術を搭載したドローンは、約3,000万円…! その分、人間が行うよりもずっと短い時間で正確な測量を行ってくれるということですね!

農薬散布用のドローンは、プロペラ部分が折りたためてコンパクトに。運びやすい設計がにくい!

ドローン

水上を走るドローンもありました。
もはや空を飛ぶものだけがドローンではないのですね…!

ドローン

そろそろドローン飛ばしたくなってきませんか?

9月23日・24日に大分銀行ドームで、「OITAドローンフェスタ2018」が開催されますよ!
障害物をよけてゴールまで飛ばす「NINJA DRONE 忍」や、「OITAドローンムービーアワード2018」、「ドローン体験会」などイベントが盛りだくさん!「ドローン見本市」では、関連技術のアイテムや普段なかなかみることのできないドローンが展示されます。
当日はOBS感謝祭 HEATスタジアム2018も開催。
美味しいごはんとドローンの魅力にどっぷりハマってください!

ドローン
OITAドローンフェスタ2018
場 所:大分銀行ドーム
期 間:2018年9月23日(日)~24日(月・祝)9:30~17:00
入場料:無料
URL:http://zzevent.net/
OBS感謝祭 HEATスタジアム2018
場 所:大分銀行ドーム
期 間:2018年9月22日(土)~24日(月・祝)9:30~17:00
入場料:22日・23日 700円(前売り600円)/24日 300円(当日・前売り)
URL:http://www.e-obs.com/event/kanshasai/
株式会社オーイーシー
住 所:大分県大分市東春日町17番57号 ソフトパーク内
電 話:097-537-1212
URL:http://www.oec.co.jp
ciRobotics株式会社
住 所:大分県大分市大字曲字川成937-1
電 話:097-585-5630
URL:https://www.cidrone.jp
モバイルクリエイト株式会社
住 所:大分県大分市東大道2丁目5番60号
電 話:097-576-8181
URL:https://www.mcinc.jp

WRITER

  • 悶 まりこ
  • 門 まりこ
  • FacebookFacebook
  • LINEで送る

PageTop