<?php the_title(); ?>

おおいたのせんぱい

2019年08月30日

株式会社坂井建設

新築注文住宅をメインに、住まいに関する全てを営む坂井建設。100年、200年と時を超えても安心な住宅を建てるために、現場の職人さんや営業マン、設計士など多くのスタッフが在籍するなか、会社を内部から支えようと頑張るせんぱいがいました。新築の営業マンとして入社した戸伏さんは、ある時会社の体制に疑問を感じ、会社の改革を始めることに。今回はそんな志高きせんぱいにインタビュー。

お邪魔したのは、こちら!!

  • 株式会社坂井建設
  • 株式会社坂井建設

    「子育て世代応援住宅」をコンセプトにした「SALAD HOME」事業や、化学物質を一切使わない世界で一番健康的な住まい「無添加住宅」の販売の他に、不動産売買・仲介・建売住宅を取り扱う「大分不動産情報サービス」、水まわり専門のリフォーム店「Re・fo・ne」、工務店の集客に特化したWEB・コンサル事業の「i-DEAR」、介護事業など住まいに関わるすべてを担う企業です。

お話を伺ったのはこちらの方。

  • 株式会社坂井建設
  • お名前
    戸伏 桃子
    所属部署
    総務課 人事課
    入社年
    2016年
    出身地
    大分県大分市
    出身学部
    西日本工業大学 デザイン学部

戸伏さんが建築に興味を持ったのは高校3年生のとき。進路を決めなければという頃、将来どうなりたいかを考えるようになりました。
「当時は衣食住のどれかに関わりたいなとざっくり考えていました。その中で生活の全てに関わってくるのが“住”なのかなと思って、大学で住まいに関する勉強をすることにしました」。
大学で建築の基礎とデザインなどを学び、卒業後は不動産会社や建築会社への就職を志望。複数の会社を見ていく中で出会ったのが、坂井建設でした。
「家のデザイン性も好きだったんですが、決めては社長の話でした。前代表が代表をやり始めたきっかけとか、家に対する考え方とか、お客さま第一主義というところとか。この熱い人の元で働きたいなと思ったんです。実家が本社の近所にあるんですけど、坂井建設はお客さまが帰られる時に全社員でお見送りをするんです。それを見ていた両親からも“あそこの会社は良い!”と太鼓判をもらって入社することに決めました」。

株式会社坂井建設

入社後は「お客さまと対峙して家をデザインしたい」と新築の営業に配属。住宅に関する基礎知識はもちろん、税金関係や法律関係など専門知識の習得に奮闘しながら営業に取り組んでいたとき、戸伏さんは会社の制度に対する疑問を感じるようになります。
「社員のことを考えて運用されている制度なのに、そのどれもが中途半端でただ社員の負担になっていたんです。それを整えなければ良い建築は作れないと感じて」。
上司や社長に話をすると「それをやってみたかった! じゃあ作ろう」と共感を得て、1ヶ月で総務課の中に新しく人事課という部署が誕生。主に給与の管理や採用などを担当しつつ、外注の見直しを図ることで社内を円滑に回すサポートをしている戸伏さんは、これから会社をより良くするために変えていきたいことがあると言います。それが人事評価の制度です。
「人事評価制度は元々運用があるのですが、私が新人の時にどこをどうしたら成果が上がるのかが見えづらいなと感じていたんです。評価が上がる明確な基準を作ることで、営業成績を上げる理由や自分のやるべき目標がわかる制度を作りたい。それが会社として業績を上げるのに大事だと思いますし、私がこの仕事をする上で目標にしている“良い建築を作る人を増やす”というのに繋がって行くと思っています」。

株式会社坂井建設

お客さま第一主義を掲げる会社のもとで、お客さまによりよいサービスを提供するために。戸伏さんは内部の改革を始めました。与えられた仕事をこなすだけでなく、疑問を持ち、それを変えようと努力する、向上心のある戸伏さん。会社の未来を担う若きせんぱいの活躍に注目です。

株式会社坂井建設

大分で就職した理由・大分で働く魅力について

「私が大学生の時はちょうどJR大分駅がリニューアルする時期だったり、OPAMができたり、街の雰囲気が変わるタイミングだったんです。それで福岡の人とかに“今度大分に行くんだけど良いとこない?”って聞かれた時に、“ここに行ったら良いよ”というのを答えられなかったんですよね。大分出身と言っているわりに辻褄合わないな、と違和感を覚えて。それなら地元に戻って、大分の良さを見つけようと思ったんです。大分で働いていると、出会うお客さまと共通点があることが面白いですし、不動産という職業的に土地柄を知っているというのも強みですね」。

株式会社坂井建設

就職活動中の学生さんへアドバイス

「バイトを休んだりお金がかかったり大変ですけど、インターンはできるだけ行ったほうがいいと思います。インターンってここ良いなを見つけられるだけでなく、私はインターンに行ってみて、“ここ違うな”を得ることができたんです。見学くらいではその会社の雰囲気を掴むことはできないと思うので、実際にインターンをしてみることはすごく大事だと思います」。

社長インタビューはこちら

企業データ

株式会社坂井建設

本社
〒879-7761
大分県大分市大字中戸次5890番地1
TEL(097)597-1953
FAX(097)597-7692

ALP総合住宅展示場
〒870-1155
大分県大分市大字玉沢67番
TEL・FAX(097)529-6608

大分不動産情報サービス わさだタウン店(不動産・リノベーション専門店)
〒870-1198
大分県大分市玉沢 トキハわさだタウン3F
TEL(097)585-5836
FAX(097)585-5837

リフォネ大分
〒879-7761
大分県大分市大字中戸次5879-1
TEL(097)548-8185
FAX(097)548-8186

HP:https://oita-sumai.com/recruit/

WRITER

  • TAGARI
  • TAGARI
  • FacebookFacebook
  • LINEで送る

PageTop