<?php the_title(); ?>

おおいたではたらく

2019年09月27日

株式会社トキハインダストリー

  • 株式会社トキハインダストリー
  • 業種
    小売業

    1970年3月、大分唯一の百貨店『トキハ』の関連会社としてスタートし、明野センターアクロスに1号店がオープン。現在は県下23店舗を展開、1600人以上の従業員が働いています。地域密着、地産地消、食育を3本柱に据えながら地域に貢献している、まさにふるさと大分を代表するスーパーマーケット。2020年には創業50周年を迎えます。

社長インタビュー

  • 株式会社トキハインダストリー
  • 企業名
    株式会社トキハインダストリー
    お名前
    吉弘 晃(ヨシヒロ アキラ)
    役職
    代表取締役社長

トキハデパートの冠をかぶった地場企業として、創業したのが1970年のこと。2020年に創立50周年を控えた今、社を挙げてその機運が高まってきているところです。当社は、「地域のお客様の安心・安全・健康を願い、魅力ある品揃え・心のこもった接客を通じてお客様に豊かなくらしを提案いたします」という企業理念を掲げ、お客様に信頼されるための3つの行動指針、5つのお約束のもとに地域貢献を目指しています。シンプルに言えば、「地域密着」「地産地消」「食育」をキーワードに、地域の皆様のお役に立ちたいという一心で歩み続けているということ。お客様にとどまらず、農産物、海産物、畜産物、加工品の生産者さんたちとも積極的に関わり、県内消費を高めて、経済循環を活性化させたいと思っています。

株式会社トキハインダストリー

また、50年の歴史がありますので、採用面接の際、「小さい頃、親と一緒に買い物をしていました」と思い出を語ってくれる方も多いんです。それだけ皆さんに身近な企業であり、親近感を抱いていてくれることが嬉しいですね。それに、現在1600人以上いる従業員も皆、会社に愛情を持って働いてくれています。

株式会社トキハインダストリー

私は、従業員の皆さんとの対話を大切にしています。定期的にヒアリングの場を設けてきて、これまでに全員と1度は話すことができました。皆さん、遠慮せずいろいろな意見を出してくれるんですよ。報告を受ければ、すぐに現場を見に行き、改善の指示を出す。即対応を繰り返しながら、職場の環境づくりをしてきました。根幹にあるのは「現場」「現物」「現実」「原理」「原則」の5ゲン主義。上から価値観を押し付けるのではなく、現場のお客様やスタッフの声から多くのことを学び、対策を図っていきたいと考えています。

株式会社トキハインダストリー

従業員には、自分で考え、腑に落ちたことを正しいと信じて、仕事に取り組んでもらいたいです。 そのためにも、当社ではさまざまな社内コンテストを開催しています。たとえば、商品をおすすめするPOPの質を競う「コトPOPコンテスト」や、店舗ごとに販売個数を競う「PI値コンテスト」、生鮮、青果など部門ごとに技を競うものもあります。新入社員の皆さんには、入社後2ヶ月間の研修に取り組んでいただき、その後は配属先の現場でスキルアップしてもらいます。その中で日々が単調にならないよう、目標や目的をもってもらうこと、仕事に創意工夫をしてもらうことなどがコンテストの目的です。優秀な成績を収めた従業員や店舗は、会社からの表彰をしています。皆、真剣に取り組んでいくれていますよ。

株式会社トキハインダストリー

売り場に設置されたコトPOP

コンテストのときにかかわらず、先輩・後輩で教えあったり、応援しあったりする風土が当社には普段から根付いているんです。またある店舗では、ハロウィーンの飾り付けをするため、農業を営んでいる従業員のご家族が1年かけてジャンボかぼちゃを育ててくださったというエピソードもあります。社員とその家族、お取引先まで含めたこの会社のファミリー感が、私は好きですね。アットホームな家族を超えた、切磋琢磨し合える、本当の意味でのファミリーです。

株式会社トキハインダストリー

社員ウォーキングイベントの様子

私は末っ子で、子どもの頃は甘えんぼうだったんです(笑)。そんな私に両親は武者修行をさせるつもりで、県外の大学に行かせてくれたんですが、他県で下宿生活をしながら、親のありがたさや家庭の温かさを知りましたし、「豊かさ」とは何だろう?と考える時間もありました。弓道部の主将を務めながら、「生きるうえでは、自分のためだけじゃなく誰かのために何かをすることが必要だ」と感じてはいましたが、確固たる信念もないまま、帰郷してトキハ本店に就職したんです。信念が曖昧だったわけですから、就職後の2〜3年は、売り場に立ってそこそこの成績を上げていても「これでいいのか?」という疑問がつきまとっていました。

そんなある日のこと、子ども服売り場の担当をしていた私は、70代の男性のお客様から声をかけられました。息子さんご夫婦と同居していらっしゃって、ふたりのお孫さんにプレゼントをご購入したいと。ご予算が限られている中、たっぷりお話を伺い、お気に召す商品をご提案し、プレゼント用にリボンをかけて包装しました。「喜んでいただけるといいですね」とお見送りをしてから2日後、その男性がわざわざお礼を言いにきてくれたんです。おまんじゅうを手土産に持って。涙が出るほど嬉しくて、「誰かの役に立つ」ということにこれほどの感動があるのだと、実感。これぞ私の仕事だと胸を叩きました。仕事内容だけをみれば大それたことではありませんが、しかし、それが直接お客様の毎日を支えているんだと思えば、こんなにいい仕事はないと思ったんです。皆さんにも、私が味わったこの感動を、この会社でぜひ味わってほしいですね。

求める人材について

明るく前向きな人材であれば、誰でもトキハインダストリーで成功できると思います。明るく前向き・・・そんなに難しいことじゃないでしょう(笑)?! 知識や経験は、入社してから積めばいいのです。コンテストもありますし、足を引っ張り合うことなく教え合う仲間たちがいますから、どんどん伸びます。あとは、皆家族ですから、明るい挨拶や言葉が飛び交うのが理想ですね。

学生時代に経験してほしいこと&メッセージ

学生時代の間に、「どういう人間になりたいか?」「自分にとっての自己実現とは?」と、目指すべき自らの価値を見定めてみてほしいと思います。なんとなく生き、なんとなく人生が終わってしまうのでは、あまりにももったいないですからね!

社員インタビューはこちら

企業データ

株式会社トキハインダストリー

〒870-0161
大分市明野東1-1-1
097-553-1111
HP http://www.tokiwa-industry.co.jp

WRITER

  • rain
  • rain
  • FacebookFacebook
  • LINEで送る

PageTop