<?php the_title(); ?>

おおいたよもやま

2018年06月27日

絵本が生まれる場所へ、お邪魔しました。

「あかんぼっかん」。

…って、どこかの方言? はたまた何かの呪文でしょうか?!
いえいえ、これは 絵本のタイトル!
作者は大分県出身、由布市挾間町にアトリエを構える、ザ・キャビンカンパニーさん。その最新作です。

ザ・キャビンカンパニーは、阿部健太朗さんと吉岡紗希さんによる2人組の絵本作家。ふたりは大分大学教育福祉科学部美術選修(現在は教育学部に改組)の同級生で、好きなものや作風がぴったり似ていたことから、在学中に意気投合しユニットを組みました。

ザ・キャビンカンパニー

将来は絵を描く仕事をしたい。絵本を描きたい…そんな思いを胸に活動していた大学生最後の年のこと。「大ウツボ戦闘記」という絵画がTURNER AWARD 2010 未来賞に輝き、一躍注目を浴びることに!
この受賞を追い風に夢の帆を膨らませたふたりは、由布市挾間町の廃校、旧石城西部小学校跡をアトリエに絵本作家として船出。ちなみにここをアトリエとしたのは、「大きな作品の置き場にぴったりだったから」だとか。なんともアーティストらしい…

ザ・キャビンカンパニー

そう、実はふたり、絵本の制作にとどまらず立体造形なども手がけていて、その独特な世界観に魅かれた多くの人々や、企業や団体からも依頼を受け、作品をつくったり、展示会を開いたり、ワークショップを開催したり。幅広く活動しているんです。

ザ・キャビンカンパニー 湖面遊覧 ザ・キャビンカンパニー 合宿

過去につくった作品は、アトリエの展示室に保管。そのスケールの大きさと、可愛さったら! お話の世界が飛び出してきたみたい!

ザ・キャビンカンパニー 合宿 ザ・キャビンカンパニー 合宿

展示室だけではなく、かつての教室を「音楽室」や「石城西部小歴史展」と名付け、この建物に宿るたくさんの人の思い出まで大切にしているところが素敵。まるで、思い出も作品の一部のよう。

ザ・キャビンカンパニー 合宿

建物全体がザ・キャビンカンパニーの世界観に包まれています。

ザ・キャビンカンパニー

アトリエの草刈りや屋根の塗り替えなどは校区の住民の方々が協力してくださっているそう。「チルドレン・フェスティバル」という交流イベントも地域の方と一緒に開催しています。

ザ・キャビンカンパニー

さて、ふたりが絵本作家として念願のデビューを果たすまでの物語。

TURNER AWARD 2010 未来賞で描いた海賊の話を膨らませ、ふたりはなにもかも手作りして1冊の絵本を完成させました。ヒゲの「ボンボ」とライオンの「ヤージュ」がいろんな世界を旅する冒険物語、『ボンボとヤージュの冒険 あついあつい島の冒険』です。

ザ・キャビンカンパニー

これを持っていろんな出版社に売り込みに行ったのですが、なかなか実現できませんでした。まるで嵐の中の船出。
長いながい3年間が経って、嵐が去ったのは2013年のこと。ついに、ボンボとヤージュの冒険物語が「第7回武井武雄記念日本童画大賞」で準優秀賞に輝いたのです!
これで注目を浴びたふたりは、『だいおういかのいかたろう』(2014・鈴木出版)でデビューを果たしました! 中国語にも翻訳されています。

ザ・キャビンカンパニー

楽しいのは、絵本に登場するいかたろうのダンスに、曲と振り付けもつけてしまったこと!

これ、絵本の読み聞かせに出かけた先々で、実際に踊って見せてくれるんです。それって、楽しいじゃなイカ!!

大海原に出たふたりは、意欲的に作品を描き続け、この4年間に17冊もの絵本を出版。すっごいペースです。それもそのはず、「売れない間、描きたいお話がたくさんたまっていた」とか。あのボンボとヤージュのおはなしも、めでたく出版となりました。
http://cabin8cabin.web.fc2.com/picture-book/picture-book.html

ザ・キャビンカンパニー ザ・キャビンカンパニー
健太朗さん:
「ふたりで描いているから早いというのもありますね。ひとりだと作品づくりも迷いそう!」
紗希さん:
「どうしよう~って、止まっちゃうと思う。その点、どっちかが『こうしよう』って言えるから前に進めるし…」
健太朗さん:
「…励ましもしあえるし…」
紗希さん:
「…ひとりではできない!」

絵本づくりはいつも二人三脚です。

ザ・キャビンカンパニー ザ・キャビンカンパニー ザ・キャビンカンパニー

私生活でもパートナーであるふたりの間には、2016年、可愛い女の子が誕生しました。それはあの熊本地震の最中のことで、スマートフォンの緊急地震速報が鳴り、やってくる大きな揺れと陣痛がリンクするような、ものすごい体験をしたそうです。
そのときの経験をベースにできあがったおはなしが、最新作の『あかんぼっかん』なのです。

ザ・キャビンカンパニー
健太朗さん:
「ここ数年、震災が相次いでいて、そのことについていつも考えていたんですけど…」
紗希さん:
「…絵本にすることで誰かを傷つけてしまうかもと思うと、なかなか描けずにいたんです。けど、震災のなかで出産を体験したからこそ、他の作家には描けないことを自分たちが描かなきゃと思いました」

いつも旅をして作品のヒントを得るというふたり。今回も、阿蘇火山博物館に取材に行き、火山のエネルギーと赤ちゃんのエネルギーとを重ね合わせて、物語をつくっていきました。
いつもは、ベニヤ板の上に版画をつくるように絵を描いていくふたりですが、『あかんぼっかん』は、筆のかすれや絵の具のしぶきをいかしながら、勢いで描いたとか。ページを開くごとに、ふたりのエネルギーも伝わってきます。

ザ・キャビンカンパニー ザ・キャビンカンパニー

全国各地から読み聞かせ会や展示会の依頼がひっきりなしのふたりですが、「移動がともなうのであればどこに住もうと変わりない」と、忙しくなっても拠点は大分のまま。
2018年も大忙しの予感で、いよいよ秋におおいた大茶会をテーマに開催する国民文化祭、全国障害者芸術・文化祭でも度々登場する予定です!
早速7月8日に開催される「おおいた大茶会100日前イベント」にトークゲストとして出演するそうですよ。

絵本を開いて、少しでも気に入ったら、ぜひふたりにも会いに来てみてください。きっと、もっとザ・キャビンカンパニーの絵本が好きになるはずです!

ザ・キャビンカンパニー

ザ・キャビンカンパニー おおいた大茶会関連イベント

おおいた大茶会100日前イベント

「こんなに面白い!おおいた大茶会参加アーティスト大集合」【登壇】
日時▶︎7/8(日)13:15~15:30
会場▶︎大分県立美術館1階アトリウム

詳細はこちら
おおいた大茶会応援事業

「おおいたチラシ・エコ アート展 及び展示作品づくりワークショップ」【作品展示】
会期▶︎~11/30(金)

詳細はこちら
ならねっ子まつり【ワークショップ開催】

会期▶︎11/23(金・祝)・24日(土)
会場▶︎はさま未来館

詳細はこちら

ボランティア大募集!!

第33回国民文化祭おおいた2018、第18回全国障害者芸術・文化祭おおいた大会では、ボランティアスタッフを大募集しています。

運営ボランティア

式典やイベントの補助、障がい者の補助、観光案内などを行うボランティアスタッフ。

詳細はこちら
PRボランティア

大会情報やイベントの様子をSNSで発信したり、缶バッジやエコバッグを活用したPRを行うスタッフ。

詳細はこちら

おおいた大茶会 開会式・オープニングステージ入場者募集

10月6日にiichiko総合文化センターiichikoグランシアタで開催される、おおいた大茶会の開会式・オープニングステージの入場者を募集します。

WRITER

  • rain
  • rain
  • FacebookFacebook
  • LINEで送る

PageTop