<?php the_title(); ?>

おおいたではたらく

2016年07月29日

株式会社ティーアンドエス

  • 株式会社ティーアンドエス
  • 業種
    Consulting&Produce、Computer System making、System Application Sharing Service

    株式会社ティーアンドエスは、事業計画から新規事業企画の分野でコンサルティングからシステム制作・運営までワンストップで行える企業。主な事業内容は事業モデル企画・開発・運営、業務コンサルティング、Webサイト・システム・アプリ等の製作・運営、ソーシャルECシステムの企画・開発・運営、ポイント消費サービス・システムの企画・開発・運営、SNSゲーム・アプリの企画・製作・運営、オムニチャンネルシステムのクラウドサービス展開。

社長インタビュー

  • 株式会社ティーアンドエス
  • お名前
    稲葉 孝政(イナバ タカマサ)
    役職
    代表取締役社長

大学卒業後、税務系の仕事をしていたのですが、自分のアイデアで中小企業の手助けをしたい。という思いから、辿り着いたのがコンサルティングの仕事。30歳でティーアンドエスを立ち上げ、福岡の商業施設や大分のレジャー施設などの仕事に携わりました。仕事を通じて、今後インターネットの技術が重要になると感じ、同時にその世界であれば成り上がれると感じたんです。まさに、思い描いた夢の世界、好きな人と離れていても顔を見ながら話すことができるんですから。コンサルティングをベースにWeb技術を駆使して、様々なクライアントのキャンペーンを手伝い、成功させることができました。ナショナルクライアントの規模の大きな仕事も手がけさせていただいているので、やりがいも感じられるはずです。

株式会社ティーアンドエスおおいた

私の故郷でもある大分県民はポテンシャルがとても高いと感じています。東京でも活躍している日田、大分出身者が多いからです。そうした思いも後押しになり、今年(平成28年)日田市に株式会社ティーアンドエスおおいたを立ち上げました。オフショアというと地方で人件費などを抑えたものというイメージがあるかもしれませんが、弊社では、日田のオフィスでも東京の給与水準と同じ。経験やスキルがあれば、年齢は関係ありません。「地元に帰りたいけど、やりたい仕事やスキルを活かせる職場がない。給与水準が下がってしまう。ナショナルクライアントなどの規模の大きな仕事ができない」そうしたことが足かせになり、地元に戻りたいのに戻れない人の力になれたらと思っています。そうした理由があるから、優秀な人材が長く頑張ってくれるとも思っています。また、日田はアクセス面においても最適な場所。弊社の制作拠点は福岡で、ハイレベルな技術者がいます。彼らが指導に来るのに日田まで50分。福岡空港まで50分、大分市内までも50分ととても最適です。日田をシリコンバレーのようにしたいと思っています。

株式会社ティーアンドエスおおいた

私たちが求める人材は、『仕事を楽しめる人』です。成績が良くても仕事ができるとも限らず、エンジニアだからといって理系がいいとは限りません。楽しみながら仕事に打ち込める方が一番です。誰かが苦しみ、苦労した上に利益があってもハッピーではない。もちろん悩んだり苦労する事もあるでしょうが、それも楽しみ、それぞれが楽しみハッピースパイラルが起こるのが重要だと考えています。

先輩インタビューはこちら

観光支援のため日田舞台のゲームをスタート!

日田市の観光支援を目的とした衛星システム(GPS)連動の謎解きゲーム「リアルゲームツアー日田」を2017/8/1からスタートさせました。
同市内のグルメや観光名所など5コースを巡り謎を解くゲームで、謎を解きながら実際に現地に行くことでスタンプを収集できます。
1コース全てのスタンプを集めるとスロットが回せて賞品がもらえる仕組みとなっています。
利用期間は2017/8/1〜2017/11/30で利用は無料です。
※ゲームはスマートフォン専用です。
ウェブサイト https://rg-tour.jp/hita

企業データ

株式会社ティーアンドエスおおいた

〒877-0012
大分県日田市淡窓1-2-18 AYビル
TEL 0973-27-5041

株式会社 ティーアンドエス

東京本社
東京都渋谷区道玄坂1-12-1渋谷マークシティウエスト22F

渋谷オフィス
東京都渋谷区道玄坂1-18-1Shibuya INCS’F

福岡支社
福岡市博多区住吉1-2-25キャナルシティ・ビジネスセンタービル10F
TEL:092-281-0362 FAX:092-281-0364

HP https://www.t8s.jp

WRITER

  • 嶋山 哲史
  • 嶋山 哲史
  • FacebookFacebook
  • LINEで送る

PageTop