<?php the_title(); ?>

おおいたのせんぱい

2017年12月15日

株式会社 大有設計

姉が建築科で勉強していて、パースなどを持って帰ってきたりしていました。今思えば楽しそうな勉強をしていたのだと思います。しかし、当時中学生だった私の思慮は、岳切渓谷の水位よりも浅かった。マイホームが欲しいという年齢を迎えてみると、設計士という仕事の魅力を強く感じるわけです。とはいえ、中学生の時に、魅力を感じていたとしても、志を貫き通す根性も、学力も足りなかったであろう事が、自分自身で痛いほど分かります。“ほど”ではなく、むしろ激痛で分かるのです…。

お邪魔したのは、こちら!!

  • 株式会社 大有設計
  • 株式会社 大有設計

    意匠設計、構造設計、電気設備設計、機械設備設計、施工管理部を備える株式会社大有設計は2006年に設立されました。現在の社員数は45名でその内営業は1名、事務員が2名。その他は、すべて技術者という技術集団です。『(株)大有設計の社員は一心不乱に技術の研鑽に務め、全ての人への感謝の念を持つべし』という創業の精神が示すように、技術力を非常に大切にしている会社です。技術が商売道具でもあり資産でもあり…何よりも大切な財産なのです。

お話を伺ったのはこちらの方。

  • 株式会社 大有設計
  • お名前
    安部 麻美(31歳)
    所属部署
    建築設計部(意匠設計)
    入社年
    2016年12月
    出身地
    大分県大分市
    出身学科
    九州大学 工学部 建築学科

    同大学院 人間環境学府 都市共生デザイン学専攻

昨年の12月に中途採用で入社した安部さん。一級建築士の資格を持っています。そもそもなぜ、建築士を目指すようになったのでしょうか? 「高校で、大学進学を考える時期になって、どうしようと考えた時、昔から絵を描いたり、何か造ったりするのが好きだったので、建築を勉強しようと思い、その道に進むことを決めました」。という安部さん。大学では、アーバンデザインを学んだり、農村集落の持続をテーマに研究したりしていたそうです。8割方が大学院へ進学する環境で、安部さんももちろん進学を考えていたため、3年生から就職活動をすることは無く、勉強に明け暮れる日々を過ごしました。確かに、バイトや遊びなどなど、色々な経験ができるのも大学時代の特権ですが、好きな勉強に没頭する。ということも、その時にしかできない大切なことかもしれません。

株式会社 大有設計

大学院で学んだ後、就職活動を行うことになったとき、安部さんは「住宅に関わる仕事がしたい」と考え、ハウスメーカーを中心に受けていきます。「正直、大分に帰りたい。大分じゃなきゃ。という思いはありませんでしたがあまり地元から離れないで済むよう、九州内が良いなという考えはありましたね」。その結果、長崎の住宅メーカーに就職が決まりました。「自分の中で外せないこだわりが『木造』『軸組』『無垢材』で、それをクリアしていたんです。お客様とやりとりしながら、理想の家を作りあげていく。これは凄くやりがいを感じていました」という、安部さんですが、その会社で5年間を過ごすなかで、里帰りなどをするとやはり近くが良いという想いが芽生えると共に、違うことをしたい。スキルアップしたい。そう考えるようになったそうです。技術者としては当然の欲求なのかもしれないですね。

株式会社 大有設計

退職後、大分へ戻り一級建築士を取得するための学校に通うことに。その学校で再就職の情報も集め、大有設計に出会いました。「話を聞きに行くだけと思って会社に行ったら面接試験でしたw」と当時を振り返る安部さん。技術、経験、人柄を買われ大有設計の一員となりました。「社長が技術者というのは頼もしいですね。一級建築士としても成長ができると感じました。今の仕事は、住宅のとき以上に多くの人と協力しながら仕事を進めなければなりません。住宅とは法律の量も違いますしね。住宅の仕事も好きですが、日々成長できていると実感できています」と充実した日々を過ごしていることが伺えました。

株式会社 大有設計

バーベキューの様子

この仕事の魅力、やりがいについて尋ねてみました。「それはやはり、自分が書いたものが形になる事ですよ。でも、それ以上に嬉しいのは、お客様に喜んでもらった時かもしれませんね」。安部さんの今の目標は「家庭を持っても両立して、仕事も続けられるようになることですね。これは、会社の制度云々もありますが、それよりも、自分で仕事をコントロールできる力を身につけたいという意味合いが大きいです」。そんな秘めた闘志を持つストイックな安部さんから学生の方々へエール「勉強や研究は大学でしかなかなかできないこと。それも踏まえ、大学のウチは遊びも含めて何でも一生懸命にやるのが良いと思いますよ」。

社長インタビューはこちら

企業データ

株式会社 大有設計

〒870-0933
大分県大分市花津留2丁目172番
TEL:097-574-7785
HP http://dai-yu.jp

WRITER

  • 嶋山 哲史
  • 嶋山 哲史
  • FacebookFacebook
  • LINEで送る

PageTop